taketoshi

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
Category: 戯言  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

まあ時間はあるみたいだし
「別荘」で本を読んで過ごされるそうで。

「別荘」では彼が嫌っている労働があるようですし。そんなにうまく事が運ぶでしょうか?
更生することはないでしょう。

聖人君子な彼に会っても気味が悪いんで。
死ぬまでこのまんまを貫いてもらいたいです。

スポンサーサイト

Category: 戯言  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

いいほうへころがれ
つい一時間、二時間前のことだけれども何をキッカケにやり始めたかは覚えてない。
俺がこの十年以上、熱望してたが能力不足や煩雑さや自分の恐怖心のためできなかったことができるようになった。これを育てていければ。
今年は極めてやる。萌え、いや(^o^;燃えてやる!

Category: 戯言  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

それぞれの顔
「彼」は今、国会議員という要職に就いている。なる前はある種の有名人だった。その人気を背景にして、まんまと国会議員様にお成りあそばされました。
あれから何年経つのでしょう。かつては少年だった、そのお顔も今では醜悪に歪んで国民の代表たる議員に名を連ねていただきたくないなと思いました。
もうすぐ参議院選挙があります。政策的に異なりすぎるというのもありますが、俺は 「彼」が所属する政党に一票を投じません。決め手は先程から述べていた「彼」の醜悪極まる顔でした。「彼」に何があったのでしょう。妄想だけはわきあがってくるのですが…。
いえ、これは余計なお世話ですね。人間を決めるのは顔ではないですし。議員になられる前の「彼」が某議員に対して「時代劇の悪代官みたいな顔」と攻撃してましたが、似たようなことをしても自分を墜としめるだけ。
しょうもないことをだらだら書いてきた。まとめとして。
「彼」の顔は「彼」の生き方が反映されているのだ。それが俺には醜悪に見えてもそれが「彼」の生き方。俺には俺の生き方があるように。さて、「彼」には俺の顔はどう見えているだろう。

Category: 戯言  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

うつな日々
自分で認識できない状況に陥るととたんに適当になる。それまでどうしょう、あんなことやこんなことはダメなんだー、ああっ、俺はなんて…と無限螺旋にハマってゆくことになるのだが。
落ちても落ちても底が見えない恐怖。たまに他人様の苦労話を聞くと「まだまだ俺は大丈夫。」と根拠のない感想を抱くのだ。
なんか、もうねえ、書いてるうちにどうにでもなれよどうだっていいじゃねえかって思っちゃって。放置するのではなく全てが無意味と化す。
人の世は真に生きづらい。

Category: 戯言  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

今日の夢話
今日見た夢を書いてみたい。
舞台はアフリカ。俺が青年○外●力隊に応募して現地に赴任した所から夢は始まった。
夢の中で俺はどうしてこんなことになってしまったんだと悔やんで悔やんで。
ただアフリカの大地に立ちたかっただけなのに。
夢なので次の場面は一時帰国した日本。ああっ、やっぱり故郷はいいなあと感慨にふけって終わり。

心理学でなく勝手な解釈の夢判断をしてみると深層意識でこねくり廻された「何か」が夢となって出てきたのかなって。それにしてもアフリカやら実在団体に対して失礼極まる。
勝手に登場させて申し訳ありませんでしたm(__)m。

夢ネタなんでオチがありません。重ね重ね申し訳ありませんm(__)m。