taketoshi

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
Category: 雑文  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「ばか」とは馬に鹿と書く
平成22年 taketoshiブログ-201004301200000.jpg

昔の中国で馬の絵を見た権力者が「この絵は鹿だ」と言ったらお追従の取り巻きどもは口々に鹿だと言ったとか。内心では馬なのにと思ってたにも係わらず。
後年、その国は滅亡しました。何回も再起するチャンスがあったのだが悉く「馬鹿」の故事は結局国を滅ぼす要因となったのだ。

現代日本に照らし合わせると鳩山内閣に対して反論できている現状は良い(政策に賛同するものにあらず)環境なのだ。

やっと本題。
本日、歌舞伎座が一時閉館となりました。三年後にリニューアルオープンするとのこと。まあ、約六十年前の建物で老朽化が著しいので建て替えもありだろうとは思う。だが、二十四階のビルまで建築するおまけ付き。何考えてるんでしょう。しかも建築費用に四百八十億円も掛けるのだって。劇場部分に百八十億円というから三百億円がビル建築費用ということとなる。
計算ができないんか?経営陣は。そんだけの費用をかけて元が取れるわけねえだろう。建築費用を回収するのにもどれだけの年月が必要だと思ってるんだよ。
ほんっと、「馬鹿」。これだけの費用を費やして元が取れず、滅亡への一歩とならないことを切に祈ります。

スポンサーサイト